2013年4月21日日曜日

【おすすめ本】ベッドサイドに置きたい名言集!『朝の名言インストール』『夜の名言インストール』コボリジュンコさん著




 
★朝と夜を大切にすること

 

人生には、絶好調の時もあれば不調な時もあります。

 

そんな波に飲まれず、自分のコンディションを一定に保つために、

 

朝は、一日の輝きを増すための時間を

夜は、一日の疲れを癒すための時間を

 

少しだけとってみることを促してくれるのが、コボリジュンコさんの新刊『朝の名言インストール』と『夜の名言インストール』です。

 

私はまず、この朝と夜に名言をインストールするというコンセプトに衝撃を受けました。

 

さらに、自由に書き込みをすることでカスタマイズしていくなかで、自分の血肉になるように工夫されているのです。

 

実際に朝と夜に本書の名言と丁寧に向き合ってみて、いままで自分がいかに毎日雑に生きていたかを痛感させられました。

 

購入して早速、朝4時に起きて『朝の名言インストール』を読みました。

こんなに神秘的な気持ちになれるとは、全く想像していませんでした。

 

壮大な自然や歴史的な建造物を見たときに似た感動も起きました。
朝の名言インストール  今日のやる気をチャージする (hope books)

夜の名言インストール   一日の脳をリセットする (hope books)


 

★著者のコボリジュンコさんの魅力

 

コボリさんは、ブログ『名言コツコツ』の主宰者であり、東京にてライフハック女子部を立ち上げられています。

ライフハック女子部Ustream 
http://www.ustream.tv/channel/girlshack

 ライフハック女子部Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/girlshack


毎日ブログを更新される強い意志力があり、オシャレに可愛くクリエイトする達人であり、行動力が伴うリーダー的存在です。
   

自分を成長させ、やりたいことを実現されたいと思う方は、是非コボリさんセレクトの名言に触れてみてください。
 
 
ドラえもんから松下幸之助まで、幅広いジャンルの輝く言葉に出会うことが出来ます。

  

★プレゼントにも最高!

 

本書は、自分流にカスタマイズできるので、輝いてほしい人にプレゼントするのも素敵です。

 

例えば、

 

悩みの多い新入社員

就職活動中の学生さん

励ましたい恋人

頑張っている友達

定年退職をして、なんだかしょんぼりしているお父さん

母の日にお母さんに感謝をこめて

など

 

ときめきとエネルギーを生む名言を大切な人と共有できたら最高です!
朝の名言インストール  今日のやる気をチャージする (hope books)
夜の名言インストール   一日の脳をリセットする (hope books)


 

※装丁も美しく、表紙の色が心を整えてくれます。ベッドサイドに2冊を置く方法がおすすめだそうですよ☆私は畳大好きなので、寝床に置いています。
  

2013年4月17日水曜日

【おすすめ本】タスク管理の最強本!『「忙しい」が口ぐせのあなたにワーキングマザーが教える自分の時間が増える36の時間管理術』保科浩子さん著

「忙しい」が口ぐせのあなたにワーキングマザーが教える自分の時間が増える36の時間管理術 (impress QuickBooks)

  
★タスク管理法は、誰に聞くのが一番か?

 

最強のタスク管理の方法を教えてもらうには、誰に聞いたらいいと思いますか?

 

それは、24時間働いていて、膨大なマルチタスクを抱えている人です。

 

具体的には、自営業者もそうですし、ワーキングマザーもあてはまります。

 

働く母って、一般的ビジネスパーソンの10倍はタスク管理の達人だと思います。

 

★主体的に生きるために

 

このたび、私の憧れのライフハッカーでありブロガーである保科浩子さんが電子書籍を出版され、私は早速購入しました。

 

※保科さんのブログ『子どもと一緒に大きくなろう』

 

保科さんは、外資系IT企業に勤務される中、お子さん二人を大切に育てられ、語学やマラソンなど、高い目標に常にチャレンジされています。

 
しかもモデルさんのようなスタイルを維持されています。

 
 
女性にとっては、究極の憧れなのです。

 

どのようにすれば、保科さんのように、毎日の生活をコントロールして体力を維持することができ、その上自分のやりたいことも達成できるのか。

 

マルチタスクを抱えるすべてのビジネスパーソンにとって、主体的に生きるお手本がこの本の中にあります。

 

★仕組みづくりと達成感のための記録

 

勝間和代さんのご著書にはよく「仕組み作りが大事」と書かれています。しかし、どんなツールを使って何をコントロールする仕組みを作ったらいいかの具体例が世の中にはまだまだ不足しています。

 

本書には、デジタルツールのTaskChuteNozbeを使った、ToDoの配分方法、あると便利なテンプレートやリスト、マンネリ化や疲労感を防ぐための記録術、子どもの寝かしつけから解放される方法(目からウロコ!)と睡眠のとり方といった、今日からすぐに自分の生活で再現できることが豊富に紹介されています。
 
 
しかも、朝4時起き以外はハードルが低いので、すぐに実行できます。

 

まずは36の方法を毎日1つづつ取り入れ、36日間チャレンジと題して実践してみる方法をおすすめしたいです。

 

その中で、自分のリズムや性格に合ったものが習慣として定着していくはずです。

 

私は、今日もテンプレ作りとリスト化をせっせとやりました。
 
 
おかげで、夜泣きで朝から頭がもうろうとしている時でも確実に仕事がこなせますし、おばあちゃんなど、誰かに代わりにやってもらう時にそのリストを渡すだけで説明いらずなので本当に楽です。

 

余った時間とエネルギーは自分のために使えます。

 

本書のおかげで、好きな読書やブログを書いたり、勉強会で刺激的な方達と交流できる余裕がさらにできそうです!

 

健康的に、主体的に、ごきげんに毎日を送りたいなら、本書はあなたの強い味方です!

 

Kindleをお持ちでなくても、iPadiPadminiKindleアプリで読めますよ★

 

「忙しい」が口ぐせのあなたにワーキングマザーが教える自分の時間が増える36の時間管理術 (impress QuickBooks)

2013年4月14日日曜日

【スピーチ】名古屋ライフハック研究会vol.22のLTレポートです!参加記録その②



ライフハック研究会恒例の、5分間スピーチのレポートです。毎回面白いテーマや工夫に出会えるので、これを楽しみに参加されている方も多いです。私もその一人。

 
では早速私の感想を交えてご紹介です。

 

★5分間プレゼン(LT)で貢献して下さった参加者の方達





 

  花熊さん

花熊さんは、頭の回転がすごく速いので、どんな内容でもさくさくっと調理できてしまいます。そして、切り口に小ワザが利いているので、LTの発表をされるのがいつも楽しみです。

今回のテーマは、「1日1個のリンゴが医者を遠ざける」。健康管理に関心のある方にとっては、見逃せません。

そして、なんと、「過去に絶賛されたLTのエッセンスすべてを盛り込む」という裏テーマが秘められており、1粒で2度おいしいスピーチでした。そして、いつも展開のさせ方がサプライズで、予想を超えていくところがハラハラします。
   

 ただ、力作の動画をスクリーン上で動かす事が出来なかったため、その動画(ご本人がリンゴをピーラーで剥いている超貴重な映像。)がみたくなってしまった人も続出。花熊さんに動画をいただくorYoutubeにアップしてもらうことになっていますので、ここに貼り付けさせてもらいます。お楽しみにww

さらに、体を張った実験結果が後日ブログで発表されるそうです。花熊さんの血液の状態が知りたいというマニアックな方は、今後の更新をチェックしてみて下さい。文章においても、真面目なのか不真面目なのかわからない花熊節に、思わず「ぷっ」と吹き出してしまうはずですよ!
 

Iさん
   

医者いらずのリンゴの話の後に、本物のドクターがプレゼンをされて、度肝をぬかれました。

 
ライフハック研究会は、色々な職種の方が集まってこられますが、本物の専門家のお話を聞くことが出来るのもお得感たっぷりです。

 
花粉症の治療法のお話だったのですが、新しい治療法がどんどんと出てくる中で、一般の人達に色々な選択肢をわかりやすく説明して下さる先生はありがたいな、と思いました。

 
プレゼンにも抑揚が利いていて、重要なポイントで感情がこもったり、笑いをとったりなど、受け手の立場に立った表現力が素晴らしかったです。

学会や普段の患者さんとのやりとりなどでも、相手に伝わる表現力を日々磨いていらっしゃるのだろうな、と感銘を受けました。

 

③斎藤さん

斎藤さんの表情がにこやかでノリの良い、勢いのあるトークが魅力的でした。内容は、震災の被災地を実際に訪れ、現場を知ることの大切さを扱ったものです。

 
重みのあるテーマでしたが、さわやかな斎藤さんのお人柄と、斎藤さんがついていきたいと思った「さっちゃん」というキャラクターとの出会い、現地視察に集まったメンバーの心温まるお写真など、随所に朗らかな要素がちりばめられていて、ほっこりした気持でスライドを見ることができました。

 
現場へ行って、自分の感性で情報を拾い、自分のあたまで考えるって、社会を知る上で一番大事なことだと思います。そして人に伝えるときには、斎藤さんのように時にユーモアを加えて、穏やかに伝えていくといいんだな、ということを学ぶことができました。
   

懇親会の際、さっちゃんが握っていた一升瓶が、沖縄の幻の銘酒ということをお聞きし、一度飲んでみたいと思いましたよ!

 

Mickさん

 
Mickさんは、さっそうと現れ、風雲児のような力強さで語る、熱きスピーカーです。今回は、アコースティックギターを持参され、時にポロロンと鳴らしながら「ギターを始めませんか」と語りかけられました。
   

ギターは男性が思春期にひいてみたくなる楽器の一つです。楽譜が読めなくてもいいし、楽器そのものも安価で手にはいるようですので、手軽に始められるのも嬉しいですね。

そして、Youtubeでは、世界中のおせっかいが弾き方を指南してくれているようです。
   

そういえば、先日、昼休みに職場近くの芝生でお弁当を広げていたら、サラリーマンの方がアルトリコーダーをおもむろに取り出して練習していました。

 
組み立て式の鍵盤ハーモニカやアルトリコーダーなどは、ノマドワーカーの方にもうってつけの楽器です。


音楽を奏でて楽しむ第一歩として、ギターと合わせてぜひ、いかがでしょうか。
 
  

★ライフハッカーの出版情報!



 

さて、今回、スペシャルゲストとして、ブログ『名言コツコツ』のコボリジュンコさんが名古屋ライフハック研究会に参加され、サインをいただきました!

『名言コツコツ』
http://meigen.ko2ko2.net/

なんと、このたび、2冊の本が同時発売されます!

夜の名言インストール (hope books)
コボリ ジュンコ
ルックナゥ
売り上げランキング: 123,526
朝の名言インストール (hope books)
コボリ ジュンコ
ルックナゥ
売り上げランキング: 93,610


岩田松雄さんも、人間が不調な時には、名言に触れることの大切さを語っておられました。 

朝と夜、あなたの心にしみこむ言葉を、丁寧に拾ってみませんか?




今回も、名古屋ライフハック研究会運営スタッフの皆さま、石川県の銘菓を下さったsevenさん、本当にありがとうございました!





【講演】元スタバCEOからミッションの大切さを学ぶ!ライフハック研究会参加記録その①

 

★人を動かすことができるのは、ミッションを持った人だけ!

  




最近、働き方についてのビジネス書が増えています。

 

ノマドか社畜かなどといった形体にとらわれたものがある一方で、もっと根本的な、「なんのために働くのか」といった「使命」を大切にしようというものもあります。

 

あなた自身は、働くスタイルにこだわりますか?

それとも、内面的な基準を大切にしたいですか?

 

きっと、長期的な満足が得られるのは、後者の方です。

 

このたび、名古屋ライフハック研究会で、『MISSION』の著者であり、スターバックスでCEOをされていた岩田松雄さんのお話を聞いてきました。

 

私達が働く上で、どのように内面的な基準を掘り下げたり、高めればよいのか、具体的なヒントが得られましたので、一部御紹介します(→は私の感想。)

 

・最初は、「社長になりたい」「好きなものを買いたい」などが目標でもいい。そのうち、心から満足するには、もっと崇高な目標を掲げたくなってくる。

→自分が満足するだけでは飽き足らない。自分も周りもハッピーになることが結局一番幸せなのだと、人間どこかで気付くのですよね。

 

・ビジネススクールでは、教師と生徒が対等であった。本物の授業を提供している先生が評価をされていた。

人と人とが「立場」ではなく、「本質」に基づいて真剣に対峙する場って素晴らしいな、と思いました。

 

・松田さんの専門経営者としてのキャリア形成は、業界を超えています。 
 
→人としてのマインドを持ち、経営の健全化をするという本質に焦点を当てていれば、ゲーム会社、おもちゃ会社、国際的飲料メーカー、化粧品会社、カフェという形体はそれほど重要なことではないのだと思います。キャリア形成についてのものの見方が変わりました。

 

まだまだご紹介しきれませんので、是非、つづきは岩田さんに著書をご覧ください。
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由
「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと
スターバックスCEОだった私が社員に贈り続けた31の言葉
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方


 

そして、講演の後には、参加者全員がミッションを磨くワークが実施され、みなさん真剣に自分の内面を深堀りされていました。

 

座学の後にワークというのはとてもいいです。あらゆることは実際自分でやってみて、初めて腑に落ちるものですから。

 

さて、今回、岩田さんをお迎えできたのは、なんといってもスタッフしんりんさんのパッションの強さのおかげです。今までお聞きしたしんりんさんのスピーチには、いつもミッションという言葉が必ず入っていました。常に使命感を大切にされているからこそ、岩田さんに想いが通じ、名古屋までお招きすることができたのだと思います。

 

この日、参加者のみなさんは、感動で胸を一杯にされていました。お客様からスターバックスへの感謝の手紙の下りでは、すすり泣きをされている方もいらっしゃいました。

 

社会で人の心を動かすことができるのは、働くスタイルにこだわる人でなく、ミッションを大切にしている人や組織なのだと確信できました。

 

★ドン・ブシドウのおせっかいファッションチェック!


 

岩田さんは、この日、ピンクのボタンダウンシャツに、金ボタンの紺のブレザー、カーキのチノパンがとてもお似合いでした。アメリカのエグゼクティブの休日のファッション、という雰囲気で、自然体の中に気品がありました。

 

ちなみに、ライフハック研究会のスタッフnijinochichiさんは、緑色の謎の家紋入りTシャツ姿で、アクティブに動き回っていました(笑)。

同じくスタッフのsevenさんは、綺麗なピーチ色の薄手のセーターをインナーに、黒のベロア素材のジャケットが決まっていました。
   

コウスケさんは、レンガ色のシルエットがかっこいいパンツをジローラモさん風に着こなされ、★のマークがちりばめられたストールが星条旗のようにたなびいていました。イタリアンとアメリカンのミクスチャーという高度なテクニックが出来るなんて、センスが光ります。

 

このように、普段スーツ姿の男性しか見慣れていない私にとっては、男性のファッションを色々見て楽しめるのも、この会の醍醐味の一つです。
   

他にも、参加者ジェリーさんの個性的なアクセサリー使い(多少SMチックwwww)や、斎藤さんのおしゃれなバッグなど、小物使いも見逃せません。

 
ミッション、パッション、ビジョンの他にも、その人らしいファッションも物を言うなー、と思う次第です。

 

次回はLTの感想ですよー!!!