2011年2月28日月曜日

2周年記念!名古屋ライフハック研究会vol.12 中村祐介さん「ユーマネー仕事術」参加記録

名古屋ライフハック研究会はとうとう発足から2周年を迎えられました!おめでとうございます。
なんといっても、行動力があり、充実した毎日を送っている方々が集まるこの会は、とにかくエネルギッシュ。
※当日、会のアレンジに尽力してくださった名古屋ライフハック研究会スタッフの方々(ほかにも、
@seven777さん、@kakobonさんが毎回サポートして下さっています。)いつも、本当にありがとうございます!
今回の名古屋ライフハック研究会vol.12の講演のテーマは、「ユーマネー仕事術」。日経BP社記者を経てエヌプラス代表をされている中村祐介さんの仕事術をお聴きすることができました!
ユーマネー-Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)


※マインドマップに中村さんのサインをいただきました!ありがとうございます。


懇親会に続く二次会では、JellyMix編集長を中心としたメンバーで“「ジョギング王子と並走したい」女性向けのアプリ『jog-PRI』”開発談(詳しくは記事の最後で)の面白いアイデアが飛び交うなど、さすがはエンジニアやアイデアマンの方々の集いの場となりました。

☆ユーマネー仕事術を聴いてアクションプランを立てた!

中村さんからは、日米SNS比較、情報の集め方、解析の方法、検索ボリュームの比較の仕方などのツールやソーシャルリーディングなどの新しいサービスの紹介がありました。私にとっては知らなかったことばかりで、さらに詳しく追ってみたいと思う情報ばかりでした。

そこで、中村さんのお話を聴いて、自分通貨を増やすための私なりにアクションプランを立ててみました。

① まず目的を設定する・・・「どのように仕事をしたいか、どのような生活を送りたいかetc」
② 仮説を立てる・・・「そのような仕事・生活を達成するには●●が必要だろう」
③ 情報を集めて絞る・・・「●●を得るためのアイデア・情報をとにかくたくさん集める」
④ Touch&Try・・・「目的に合うものなら、とにかくすぐ買う。やってみる」
⑤ 誰よりも早く発信・・・「上司にその日のうちに報告をするように、プライベートでもやったこと、達成した事はすぐにブログに書いておく」

興味がどんどん広がっていって、常にやりたいことでいっぱいの私にとっては、頭の中を綺麗に整理できる貴重な機会でした。

☆強者集結のライトニング・トークス、ますますレベルアップ!

※僭越ながら、私の感想を交えて皆さんのLTをご紹介させてください。

◆ujiuji2さん「TOEIC HACKS 3」
英単語は、状況によって意味やニュアンスが変わる。英単語は、単語帳で意味を覚えるのではなく、状況の多方面アクセスの集積として考え、「運用の仕方」を意識することが大事というお話。本当にそのとおりで、私も運用の経験を増やさなければ!ともがき苦しんでいるところです。ujiujiさんの「TOEIC HACKS」は、毎回、英語学習が必ずぶつかる壁を打破する方法が明かされるので、聞き逃すことができません。そして、龍馬のように日本の外にも目を向けられる、「カッケー日本人を目指そう!」という最後のメッセージはujiujiさんが語ると説得力があり、ドラマチックな展開で、とてもよかったです。

◆Gordy322さん 「医療のお値段」
医療機関にお勤めのゴディさんは、「病院によって、時間帯によって、医療費が違うポイントがある。病院は調べてから自分にあった病院を探そう!」ということで「病院情報局」というサイトのご紹介をいただきました。全く知らなかったことばかりで、すごく勉強になりました。病院は誰もがかかる身近な機関なので、もっと自主的に「調べる」ことが大事だと思いました。ゴディさんは名古屋朝活界の伊達直人との愛称で親しまれているとおり、とてもハートが温かい方で、日々優しい病院づくりに尽力されています。LTにもそんな想いが溢れていました。
◆hideaki97さん「走ってみませんか?」

「走ってみませんか?」というシンプルかつ、さりげないメッセージがヒデアキさんらしいタイトルでした。LTの構成そのものも、マラソンのスタートからゴールをイメージした写真で構成されていて、いいチョイスでした。内容についても、数回もフルマラソンを完走されたり、海外でのマラソンにも出場経験があるヒデアキさんが語ると、強い説得力がありました。さらに、「頭が冴える」「また走りたくなる」しくみを、実体験と理論の両面的アプローチで、仕事にも役立つ要素をからめて紹介されました。エグゼクティブな方達向けにも充分通用するLTでしたが、美人OLさん向けには、多くを語らず、「僕と一緒に走りませんか?」で十分だと思います(笑)。
◆k_mountainbookさん 「仕事が速い人とは」
市川海老蔵さん・本木雅弘さん・宇梶さんに似ていると言われることも多いいっぽさんは、話し出せば、バリバリの関西人でつかみはいつもバッチリ。いつもご自身のことを茶化していらっしゃいますが、極めて真面目で勉強熱心な方です。LTの内容も、仕事がサクサク片付く方法の新しい提案でした。「重要性と緊急性のマトリクス」のうち、重要でもなく緊急でもないカテゴリーに入る仕事をとっとと片付けて、作業興奮状態を創りだそうという、逆説的な提案でした。重役でもないかぎり、「重要かつ緊急」であることだけに集中できる立場にはなかなか立てませんよね。そんな現実を踏まえた、実践的な考え方がとてもよかったです。ノリのよさとテンポも抜群だと思いました!

◆miki_bluecloverさん「伝えるために図の力を借りよう」
「図解」での伝達を仕事の現場で上手に使いこなされている深希さんの提案は、とても実用的で、誰もが今日から実行出来るライフハックだと思いました。
私も、上司にうまく状況を説明できずに、情報が共有できなくてもやもやした経験が何度もあります。そんな時、深希さんのように色も使った綺麗な図を作って、パンフレットにして配布し、理解をしやすいように工夫してみよう、と思いました。深希さんのLTは、図解が人の記憶に残りやすい理論と同時に、実際に職場でやってみて、どんな変化があったのかという具体的な事実までお話ししていただけたので、とても腑に落ちました。私も、忙しい人達に伝えるには、「図を描いて壁に貼る」など、どしどしやってみたいと思います。深希さん、ありがとう!

◆akaponさん 「ピクト図解」ノススメ!
ピクト図解を使って、物事の仕組みを分かりやすく認識したり、説明したりする方法を伝授していただきました。図解のアプローチは数あれど、実際にakaponさんが現場で使いこなされているピクト図解は、シンプルかつ見て楽しく、システム開発の方々にはもってこいのメソッドに違いありません。私の職場である法律事務所でも、複雑な事象がからみあう事件や事故を整理するのにとても役立ちそうなので、「記事トレ」などを応用して、技術を磨いてみたいと思います。スライドもとても見やすく、後ろの方でもばっちり見えました。akaponさんの会社と親会社や社会とのつながりが描かれたピクト図解も一目瞭然で、未だに記憶に残っています。
「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

◆kosstyleさん「オシャレな写真を撮る3つの方法」
「オシャレな写真を撮る3つの方法」というタイトルからいきなり会場全体が引き込まれていました。「オシャレ」とか「写真」というキーワードは、みなの興味を上手くとらえた言葉だと思います。
コウスケさんのLTは、いつ聴いてもプレゼンテーションZenの極意が究極になったと思えるほど、シンプル。聞いていて、らくちんだし、時間が経っても忘れません。早く講師デビューして欲しい、という声も沢山挙がっています。コウスケさんのスゴさは、ブログの執筆能力がすごいだけでなく、トークも上手なところです。天は二物も三物も与えてしまった!と思えるほど何でもこなしてしまう方なので、まさに20代の方々にとってのお手本!
さて、今回発表された「写真をオシャレに撮りたい方法」を知りたい方は、是非名古屋ライフハック研究会に遊びに来てみてください。コウスケさんを始め、iPhonographer、本格派カメラマンの男性陣の方々が、初歩から丁寧に指導してくださいます(カメラファンの女性の方々、是非多数ご参加下さい)。

◆nijinochichiさん 「片を付ける」
デジタルも十分に使いこなされているのに、とてもアナログで温かい考え方に満ちたnijinochichiさんは、いつもアットホームな雰囲気のLTが魅力的です。「家族」や「くらし」を大切にされていることが端々から伝わってくるので、とても心に響きます。 
今回のテーマは、「片付けるとはどういうことか」を改めて考えさせられる、人の暮らしに密着したテーマでした。私もnijinochichiさんに断捨離を教えていただいてから、徹底的に部屋をシンプルにし、ものを減らす努力をしました。頭も心もクリアになって、その効果は驚くばかりです。今回のLTでは、nijinochichiさんのご自宅の食器棚の写真が映しだされされ、必要なものがしかるべき場所に置かれた状態がよくわかりました。最後にご紹介頂いた「地球家族」という本もとても興味深いです。ごくわずかなもので暮らす人もいれば、先進国に住んで物にあふれて暮らしている人もいる、自分にとって本当に必要なものは何?と問いかけるきっかけになりそうです。

地球家族―世界30か国のふつうの暮らし

◆shinrinさん「趣味から気付くライフハック~テニス☓ライフハック~」
全国の女性ファンの方、お待たせしました(笑)。テニスボーイshinrinさんの登場です!
shinrinさん作成のスライドは、写真の使い方が効果的で、LT全体が躍動感にあふれているので、聞いている私達がすごく元気になれます。shinrinさんは、学生時代からテニスに打ち込まれ、その中で得た貴重な知恵(ライフハック)を披露してくださいました。仕事や試験勉強、あらゆるスポーツに通用するしんりんさん発見のハックは、一生使える永久保存HACKだと思います。
中でも、うまくいかない局面を乗り切るために、「最も得意なパターンに集中する」というのは、目からウロコでした。私の場合、英語の試験では「全部を解かなければ」といつも焦ってばかりいるのですが、「まずは得意なところだけを徹底的に解く」ことに集中してみたいと思います。
スポーツだけでなくあらゆることから学び続けられ、皆に優しいしんりんさん。私もしんりんさんのように歳を重ねたいと思います。

☆二次会で話題沸騰!傑作アプリ「jog-PRI」開発間近!?

最近、ジョギングの場で「彼氏」との出会いを求めている女性がふえているという記事があり、名古屋ライフハックのジョギング王子こと@hideaki97さんに注目(ユーマネー)が集まっています。
そこで、ジョギング王子が今、どの道を走っているかをGPSを基にお姫様たちに知らせてくれるアプリケーション『jog-PRINCE&PRINCESS』、通称『jog-PRI』(ジョグプリ)の開発話でもちきりに(笑)。アプリ開発に詳しいSivaさんからはアンドロイドでも開発可能、というお墨付きをいただき、アプリのアイコンは@hideaki97さんのツイッターアイコンをそのまま応用、というところまで話が進んだものの、当の王子本人が「僕の自由がなくなるからダメ」というということで泣く泣く実現化に踏み切ることができませんでした。

しかし、マーク・ザッカーバーグがFacebook創設前に作った美人投票サイトのように、こういったアイデアを面白がりながら話しているうちに、すごいサービスが出来たりするんだろうなあ、と思えるような、楽しい時間でした。はちゃめちゃなアイデアが出る飲み会は本当に面白いです。

そんなこんなで、楽しい時間はあっという間。次回名古屋ライフハック研究会は、6月4日(土)だそうです。参加希望の方は、手帳にチェック!

いつかはshinrinさんとテニスのミックスダブルスをしてみたい美女の方、αブロガーでマインドマッパーのイケメンコウスケさんのブログファンの方、自由な雰囲気の勉強会を探されている方は、是非一度参加してみてくださいね。

2011年2月27日日曜日

中村祐介さん『You Money』トーク&読書会に参加してきました!

2月26日(土)朝9:00からウインクあいちで行なわれた、エヌプラス代表、中村祐介さんの「You Money」トーク&読書会。

@ujiuji2さん、@03to3 さん、@hiro_pon_ponさんが中心となって準備・運営して下さり、大盛況でした。


名古屋のTOEIC勉強会の主催者でもある@ujiuji2さんのスマートかつ心のこもった司会進行が素晴らしく、朝からすがすがしい気持ちになりました。

☆冒頭から会場が一体に!

さて、冒頭から、参加者の@JellyMixさんの「昨日買った課題本を読んでいたら寝落ちして…遅刻します」という内容の、正直すぎて笑いを誘うツイートがスクリーンに映し出され、それに対する中村さんの楽しいツッコミトークで会場が湧くと同時に開幕しました。

この冒頭の様子からもわかるように、中村さんの講演は、会場を巻き込む、まさに「コミュニケーション型のライブ」でした。今の瞬間をすぐに切り取って面白い形で魅せる中村さんの編集力の凄さを感じながらの、あっという間の1時間でした。

講演の内容は参加者だけのお楽しみですが、当日のエッセンスだけ記しておきたいと思います。中村さんは、取材秘話などの体験談に基づくエピソードや、ライブ感覚のお話が盛り沢山ですので、是非、時機を捉えたい方は、イベントなどでお話を聴くチャンスを探してみてください!

☆中村さんが手がけられるサービスの魅力


・日経ビジネスを読む、ソーシャルリーディング 「NB Reading
・「オトナ女子部

こういった企画は、中村さんがアイデアマンかつ各方面からの信頼があるからこそ創ることができたサービスだと感じます。まさに中村さんが集められたユーマネー(自分通貨)の結晶だと思います

※中村さんの素敵な秘書さんからのオススメで、私も早速「オトナ女子部」に登録しました!
「学び」がテーマの大人の女性向けのサービスです。とてもオシャレなサイトですよ。

☆中村さんが各テーブルを巡る読書会!



今回の仕掛けは、受付で各自に配られた金貨を、読書会でいいアウトプットをした人と思う人にあげるしくみになっていました!@03to3さん発案のこのアイデアには感激しました!

私が今回ファシリテーターを勤めさせていただいたCチームには、強烈な個性(強み(笑)?)を持った参加者4人が集結しました(笑)。

いつも勉強会でお世話になっている、名古屋朝活界の伊達直人ことゴディさんには沢山のフォローをしていただきました。冒頭でご紹介した@JellyMiXさんは、中村さんがテーブルに来てくださった瞬間、黒柳徹子さんもびっくりなしゃべくり7状態でガンガン中村さんにインタビューし、中村さんの発言をノリでまとめまくり(笑)、まるでトーク番組を見ているかのようでした
中村さん曰く「人には動画型の人と文章型の人がいる」ということで、しゃべりのテンポや即興力など、動画型の強みを存分に発揮したJellyMixさんは中村さんから大きなコイン(ユーマネー)をゲット(笑)!。

その後のCチームの流れでは、勉強会初参加の研究者Mさんによる、(ある植物)でつくるおかずやデザートの開発話で盛り上がり、そのマニアックさと将来性が注目を集め、最終的に私達のテーブルのすべての金貨はMさんが獲得することになりました。
(すべてのユーマネー貨(知識・注目・評価・)を集められたMさん、おめでとうございます!)

☆スイーツ男子ひろぽんさんセレクトのお菓子が山盛り!

ひろぽん(@hiro_pon_pon)さん発信のスイーツ情報には、女子がいつも釘づけになっています。そんなひろぽんさんが、今日は運営スタッフで忙しい中、素敵なお菓子を山のように買ってきてくださいました!
本当にありがとうございます!京都のお菓子の彩りも綺麗で、沢山いただきましたよ。

☆まとめ:自分のスキルをWeb上に公開しよう!そこから成長は始まる

中村さんは日経BP社で記者職を経て、培った多くの信頼関係の中で様々な分野の方と協力し合い、Web上でも時代を捉えた面白いサービスを次々に生み出されています。

中村さんのように、物事のアレンジ、情報の取捨選択、信頼できる情報へのアクセス、不便を便利にする、相手を思いやる、限られた予算内で最大限のアウトプットをすることなどを普段から努力して、その力を惜しみなく提供する、そんな姿勢でいれば、自分通貨は自然と集まってくると思います。そういった自分のスキルを、Web上で積極的に公開してみる、それがこれからの時代、自分と社会の成長の鍵になる、と確信できました。
朝から充実感たっぷりの3時間。そして、午後は、名古屋ライフハック研究会にて、中村祐介さんの仕事術についての講演を聴いてきましたので、次の記事もお楽しみに!

2011年2月24日木曜日

旅のアナログノートのすすめ~モレスキン風~

心に残った旅の記憶は、薄れさせたくないものです。

友達とわいわい旅をするときは、カメラでお互いや風景を撮ったりして、後から30daysAlbumなどで画像を共有したりします。お互いが何に興味を持ったかや、視点の違いが面白くて、旅の想い出が何倍にもなります。

気ままに一人旅をしたり、体験型の旅をしたときは、
感想や印象やエピソードをメモしたり、イラストに書いたりしておくと、 また違った楽しみがあります

帰ってきてから友達や家族(特に、おじいちゃん、おばあちゃん)に見せるとき、ただ単に写真を見せて説明するよりも空気感が伝わって、楽しいです。

私の旅日記の一部をご紹介します。



エピソードはイラストで。

旅先で出会った印象的な人達には、「田植えボーイズ」など、名前をつけてみます。


びっくりしたことは、すかさずメモ(笑)。


表紙にも、その旅で出会った言葉や新聞などを使ってカバーをつけます。

一生に一度の感動を、皆さんも是非自由にキャプチャーしてみませんか。

2011年2月22日火曜日

朝活のメリット3~朝活@名古屋 栄に参加してきました!~

2月21日(月)am7:00より、栄で行われた朝活@NGOに参加してきました!

朝活@NGOさんは、名古屋市の中心部の名駅、栄、伏見や藤ヶ丘など、地下鉄東山線を中心として、カフェで行われている朝の読書会です。

管理人の@Hiroki_K_ さんと副管理人の(有)てらたくさんが「人が人を磨く場」作りに尽力してくださっています。

☆ 私が考える朝活のメリット3

①早く起きるための強制力になる

早起きの習慣を付けたい人は、まず、朝活に参加してみると、「皆で集まるのだから、起きなくちゃ」という強制力になります。この効果、絶大です。

②新しい刺激に満ちている

最近学びが足りないな、と言う人は、一度行くだけでもすごい情報量に触れることができます。知的停滞気味な時、サプリ的に朝活に参加してみてください。

③お金がかからない建設的な意見、情報交換の場

夜の飲み会だと、お金がかかる一方です。そして、楽しいけれど、あまり真面目な話ができないのが飲み会です(笑)。朝活の経費は、自分の朝食代だけで、テーマもはっきりしているので、充実感がありますよ。

☆朝活の様子

最初に、てらたくさんお手製のカードが配布されました。かわいい!全員分作る作業は大変だと思いますが、本当にありがとうございます!

私が参加した今回の課題本は、以前こちらのエントリーでもご紹介させていただいた大前研一著『お金の流れが変わった!』でした。

お金の流れが変わった! (PHP新書)
大前 研一
PHP研究所
売り上げランキング: 102

2011年2月20日日曜日

Freeを使って成長した人は何をしてるの?~『You Money』読んだよ!~


マインドマップ作成中。完成後のものは、2月26日土曜の午前中に行なわれる読書会の同じグループになった方にお見せすることができます。)

☆ウェブを使って成長する方法が満載!『You Money』
ユーマネー-Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)
来る2月26日に行なわれる、午前中の読書午後の名古屋ライフハック研究会のゲスト、ウェブ・マーケティング・コンサルタントの中村祐介さん本『You Money』を読みました。

ひとことでまとめると、ウェブって知識・評価・注目を集めるのに最適なツールだ!ということなのです。

本書を読んでいると、Web上に転がる色々なツールを積極的に活用しないと、もったいなさすぎる!と思えてきます。どんどん活用して自己成長と社会的成功を手に入れている人がいる一方で、乗り遅れてしまって、せっかくのこの時代ならではのチャンスを逃してしまっている方も多いのではないでしょうか。

☆私も、もっと改良していきたい!

私自身は、ブログで自分に興味があることや学んだことを地道に公開していたら、勉強会で話しかけていただいたり、面白い関連情報をいただいたりして、一気に世界が広がりました。
一方で、実は超がつくほどのIT音痴で、例えばこのブログのデザインを変えるのも一苦労、以前あたふたしながら取り付けたアクセス解析ツールも、模様替えの時に消えてしまった…というレベルで、先進的な使い方など全く出来ていないのですが、「もっと、読んでくれる人が楽しめるように改良していきたいな。」という想いは常にあります。

私のように、Webを100パーセント楽しんで、自分が得意なことで人とつながりたい、という人にとっては、わくわくしながら読むことができる本です。

さらに、本書では、知識・評価・注目を集める方法だけでなく、収益化の仕方までしっかり書かれているので、フリーランスを目指されている方や、ビジネスチャンスを探している方には要チェックの本です。
ウェブを使って成長している人は何をしているのか、その秘密を本書の中で探してみてください。

☆名古屋で『You Money』読書会が開催されます!!
ユーマネー-Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)


そして、著者の中村祐介さんを囲んでその秘訣の情報交換をする場を、TOEIC王子のあの方がプロデュース!!
もちろん私も参加します。今からとても楽しみです。
※詳細は、こくちーずをご覧下さい。

2011年2月19日土曜日

私はこうしてバングラデシュビザをとった

海外旅行に行く際、ビザが必要となる国があります(カンボジア・ベトナムなど)。

ビザが取得できる大使館の付近に住んでいる方は、自分で大使館に行って取ることが可能です。地方に住んでいても、郵送で受け付けてくれる大使館もあります。

しかし、大使館窓口に直接出向かないと発行してくれない国もあります。その際に、旅行会社に取得をお願いすると手数料を含めて約1万円ほどかかってしまいます。

なるべく節約したいと思う場合は、ビザ代行を専門にしている業者に直接お願いをする方法がありますその場合は、手数料が3~4000円ですみます。

私がこのたび利用したのは、「ビザ代行屋」。パスポートを書留で送り、一週間以内に手元に戻りました。

この業者さんは、非常に安心できるサービスを提供してくれました。

パスポート到着確認、ビザ取得の報告と発送のお知らせなど、的確にメールが入ります。

旅行直前でも安心して取得できましたし、対応にも慣れているのでやりとりがとてもスムーズでした。

このように、ビザを取るときは、旅行会社の言うままに高い手数料を支払うことなくすむ選択肢もあることを覚えていると便利です。

2011年2月17日木曜日

カレーを一日三食食べ続けるとどうなるのか

今回はちょっとゆる~く、食べ物の話です。

バングラデシュでは、毎日三食の中に必ずカレーが出ました。わかっていたのに、成田空港で出発直前にカレーうどんを食べました(笑)。

そして,バングラデシュで辛いカレーを毎日食べた結果、私はこうなりました。。。。


それでは、どんなカレーを食べたのか、写真でご覧下さい。味は想像してください。辛いです。 カレーばかりだと彩りが美しくないので(笑)、その他に食べたものも載せておきます。

帰りにバングラデシュのスーパーでバングラ流カレー粉を買い込みました。家で作ってみたら激辛でした。ひょー。

激辛ラムのカレー。高田馬場にある「メーヤウ」のカレーよりも辛いです。
ドイという名のヨーグルト。食べやすかったです。仄かな甘味はチャイが入っていたのかな。
じゃがいもを丸めたサラダ。コロッケを揚げる前みたいなものです。味付けはまろやか。じゃがいもの味が甘くて、とてもおいしかったです。
食後のリフレッシュメント。香辛料です。葉っぱの噛みタバコをかみました。甘くていい香りがします。ちゅーちゅー吸うのも楽しかったです(笑)。
野菜のカレーとタンドリーチキンと、ガーリックのナン。ガーリックナンは美味しすぎて大人気でした。
コロッケみたいに野菜が揚げてあるのですが、ほのかにカレーフレーバー(笑)。
カレー粉がかかっているように見えないのにカレー味の野菜。れっきとしたカレーです。
コーンポタージュかと思ったら、激辛唐辛子味のスープ(笑)。
ほうれん草のような野菜のカレーです。茄子のカレーもとてもおいしかったです。野菜の味がしっかりして、茶色のルーはないのに、十分カレーの味がします。
朝から豆や野菜のカレー。サモサという揚げ物もカレー味。朝から刺激物で目が覚めます。

刺激的な食べ物で、ニキビが増えるかと思ったら、逆に香辛料の作用で代謝が良くなったのか、肌の調子はいつもより断然良かったです。スパイス料理って大人な感じで、しかも体にもいいので、色々と研究してみたくなりました。

2011年2月15日火曜日

UstreamやYouTubeで何かしてみたい人へ~『ウェブ動画力』読みました。その2~

ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96

動画は人の心を動かして、しっかり掴む」、ということを前回のエントリーで書きました。

では、実際どのように制作・配信したらいいのでしょう。ノリだけで映像を公開するのでは、若気の至りになってしまいます(笑)。

☆サバイバルのために必須の動画力

かつて、やずやの就職活動で、敗者復活のために学生たちが投稿させられた、会社への想いを語った動画が誤って公開されてしまい問題となりましたが、動画エントリー自体は、今後普通になるかもしれません
これまでの女子学生達は、女優風に写ると評判の写真館にこぞって押しかけ、履歴書用の写真を撮ったものですが、奇跡の一枚で採用担当者の目を騙すことができない時代となってしまいました(笑)。動画力は学生さんにとっても必須スキルとなりそうです。

ほかにも、選挙立候補者のホームページで、演説の様子を一方から写しただけの、めりはりのない動画を見かけるのですが、本書を読んで、編集の仕方やカメラアングルを変えるだけでも、もっとアピール度の高いものができるようになるのになあ、と思います。

2011年に入って発売されたばかりのウェブ動画力』には、動画でのアピールに即活用できる基礎的なルールから応用まで、ロジックと感性、両方の視点から示されています本書を一冊読めば、素人でも、プロに近いインパクトのある映像が仕上げられるようになっているのが特徴です。よく整理されたフレームワークやマトリクスも示されているので、具体的な行動に落とし込みやすいのも親切です。

☆Web動画初心者は、何を心得るべきか

マーケティングとしてのWeb動画では、伝える目的を明確にして、見ている人達に信頼感を与える必要があります。最初は技術的に上手くなくても、「いいものを作って伝えようとする姿勢」は伝わります。基礎的なルールを身につけて、視聴者の視点を理解して毎回改良していけば、必ず動画力はアップすると思います。

本書には、視聴者からの信頼を得るために必要な考え方や技術が、すぐに使える形で紹介されています。

内容の一部のみピックアップしてみますと、

・アーカイブ配信とライブ配信、目的に応じて使い分けるためのフレームワーク
・ライブ配信に必要な機材、具体的な配信方法
・YouTubeで出来る色々なこと
・有料配信にはどのようなコストが発生するか
・動画をアップしておしまい、ではなく、PDCAサイクルを回すのが重要
・音が命
・JUCE理論
・動画の視聴解析ができるサービス「Video Analytics」の使い方
・動画編集のためのアプリケーション

などです。この他にもWeb動画についてあなたが気になっていたことが必ず含まれているはずです。

どんな業界においても、勉強会や個人のセルフブランディングにしても、効果的な動画についてもっと意識してみませんか。そして、アップした動画がどのように見られているかを「Video Analytics」などの解析サービスを使って評価してみると、得られる効果が大きく変わってくると思います。


UstreamやYouTubeで何かをしたいと考えている方は、具体的な解説が詳しい本書で、ぜひソルーションを見つけてみてください。

ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96

2011年2月12日土曜日

動画は、心を動かす。~『ウェブ動画力』読みました。その1~

動画の力ってすごいです。

例えば、私が自動掃除機ルンバを購入したのも、バックブランド・マザーハウス代表の山口絵理子さんを尊敬するようになったのも、youtubeの動画がきっかけでした。

※ルンバ動画:http://www.youtube.com/watch?v=kq4Rw7EoOxw&feature=related
※山口絵理子さんスピーチ映像:
http://www.youtube.com/watch?v=rZV8iktq0OU

他にも、ビジネス書出版関係のUstreamをライブで見て、親近感を覚えたり、著者の飾らない話し方や雰囲気を知ってファンになったり、経験上、動画って強烈に人の心を動かすんだな、と思います。

当たり前ですけど、人の生活は常に動いていて、静止していないし、二次元でもありません。

実態を表しているのは、すべて動きそのもので、例えば、写真ではお嬢様風なのに、実際にはハスキーボイスでがに股でバタバタ歩くとか(笑)、見かけはヤクザ風なのに、しゃべると甲高い声でおどおどしているとか、人間にしてもプロフィールだけでは決して解らない空気感があります。

そういったリアルを知って親近感を持ったり、安心感を覚えたりするのに、「動きを知る」ことは欠かせないと言えるでしょう。

このように考えると、多くの人に知ってもらって何かを感じてもらうために「動画を配信する」ことや、興味があることをもっとよく知るために「動画を見る」ことは、私達の生活を、もっと楽しく豊かにすると確信できます。

もっと、Web上でうまく動画を活用したり、動画力を磨いて、より効果的でインパクトのある映像を作ったりしたい方に、バイブル的な本が出版されています。
ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96

その名も『ウェブ動画力』。

YoutubeやUstreamなどのウェブ動画をビジネス活用されたい方には、これ一冊で十分というほどの情報量です(実践ノウハウがなんと96も掲載されています!)。

この本を読みながら、インターネットショップでは、もっと積極的に動画を活用して欲しいと思いました。洋服のショップにしても、ファッションショーのように動いている姿が分かったほうが、買い手は立体的に見ることができるので、安心して購入できます。

他にも、勉強会の告知や、大学の講義の一部公開など、参加したい人に「雰囲気・校風」を知らせる場としての動画なども、溶け込めるかどうか不安を感じている人にとって、とても親切だと思います。

本書では、動画を導入する際に参考となる具体的な事例がいくつも掲載されており、留意すべきポイントが端的にまとめられています。

次回は、本書で紹介されている、アーカイブ動画、ライブ動画、動画の効果の測定と改善の方法、動画制作のノウハウについて、初心者の心得をまとめてみたいと思います。
ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96

2011年2月7日月曜日

中国とバングラデシュのちがい

(驚くことに走っている電車の上に沢山の人が立っています。無賃乗車をして移動する人達です。命がけですね。)

☆今最も注目したい途上国
D35 地球の歩き方 バングラデシュ 2011~2012 (ガイドブック)

あの「地球の歩き方」ですら今までバングラデシュ版がなかったのですが、2010年10月、ようやく出版されています。中国の人件費高騰の対策としてユニクロの製造工場がバングラデシュに進出したのも記憶に新しい話です
【アパレル業界のバングラデシュ進出に関するニュース】http://sankei.jp.msn.com/world/news/110119/chn11011919450094-n1.htm
私は、約10年前、中国についても上海、西安、北京を訪れています。当時発展途上国だった中国と現在のバングラデシュを比較してみると、圧倒的に差があったのは「人の明るさ」です。
決して豊かとは言えない状態で、自由な考えを持つことが出来ない抑圧された灰色の雰囲気が漂っていた国と、いたるところで活発な話し声や笑い声が聞こえ、鮮やかな色の服を来た老若男女が好奇心溢れる瞳を持つ国。もちろん後者がバングラデシュですが、心から癒され、人が元気になれる国でした。

☆ソーシャルビジネスって何?

   (バスの扉は開いたまま発車!!)

中国では、道を歩いているだけで、たくさんの行商人がTシャツや小物などを「5個1000円」等と言って売りつけてきたのに比べ、バングラデシュでは、店に入っても、商品を見せてくれるだけで、商売気なしの様子でした。中国のような
がめつさがないバングラデシュでは、今後諸外国の強者にいいように搾取されてしまうのではないかと心配になります。

だからこそ、この国のよさを維持しながら、共働するリーダーをますます応援したいと思うようになりました前回のエントリーで取り上げたユヌス氏や山口絵理子さんが取り組まれているソーシャル・ビジネスこそがその形です。

・貧困をなくす
・その国が誇れるものを生かす
・人間の尊厳を失わない
・経済のほどよいバランスを維持する
・利益を最大にすることが目的ではない

・・・ソーシャルビジネスの根本はこれまでの利益至上主義的な資本主義とは対極で、人間重視の新しい資本主義といえます。私はいわゆる共産主義思想は苦手ですが(さぼっていても頑張っても結果が同じだから)
機会の平等やきちんと労働している人達が報われることはとても大切な事だと思っています

金銭的なノルマ達成と一部の人だけの繁栄に人間の喜びはあるのでしょうか。

現在、自分のお給料さえ上がればいいと考えている人は、お金を循環させることでできる最も価値が高いことは何かを考える時が来ていると思います。

Facebookなどでせっかく世界とつながることができるようになったので、私たちは、もっとみんなが気分良く過ごせる地球のために行動したいものです。

2011年2月4日金曜日

バングラデシュから帰国しました


       (船着場で行き交う人々にも、エネルギーを感じます。)

熱気とやさしさの国、バングラデシュから帰国しました。

約一週間の旅を終えた帰りの空港で、不覚にも、涙が出ました。それほど現地の人達との心の交流ができて、とてもいい旅でした。

旅行者らしき人はほとんど見かけないほど観光地化されていない、素朴なままの場所でした。

☆バングラデシュで考えた、人間にとって大切なこと

(子ども達はひとなつっこく、すぐに寄ってきます。デジカメで撮った写真の画面を見せてあげると、ものすごく喜んで、大はしゃぎしていました。)

バングラデシュといえば、マイクロクレジットの創始者ムハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞)や、情熱大陸で一躍注目を浴びた、マザーハウス(バングラデシュ発のかわいいバッグブランド)の創業者兼CEOの山口絵理子さんについて、ご存じの方も多いと思います。

【ユヌス氏とグラミン銀行についてよくまとまっている、All Aboutの記事】http://allabout.co.jp/gm/gc/50940/

【山口さんの活躍がよくわかるyoutubeの動画】

http://www.youtube.com/watch?v=OmY1Os6dzvA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=rZV8iktq0OU&feature=related

【バッグブランドマザーハウスのHP】

http://www.mother-house.jp/

お二人とも、経済を循環させながら、この国の人々の精神的・経済的自立を支えている方々です。人間の尊厳を重視して、ビジネスを実現させていることに感銘を受けます。

今回の旅では、日本の寄付により建てられた小学校や、グラミン銀行本部、農村、マザーハウスのマトリゴール工場などを訪れて、工員の方たちと一緒にオリジナルのバッグも作りました。現地の方々との交流を通して、この国の可能性をいたるところに発見しました。


※バングラデシュはインドの東に位置します。私も少し前まで知りませんでした。

            (地図:Wikipediaより)
私が生で体験してきたバングラデシュの今、私に起きた変化について、写真を交えながらこのブログで少しづつご紹介していきたいと思います。