2010年9月29日水曜日

「サムライ」マネージャー佐藤悦子さんの講演に行ってきた!

☆お手本となる女性の話を聞こう!


アートディレクター佐藤可士和さんを公私共に支えられている、佐藤悦子さんの講演(朝日新聞主催・場所:六本木アカデミーヒルズ)に行ってきました。




佐藤悦子さんは、女性誌においては数年前から、佐藤可士和さんの奥様であり、仕事の上で欠かせないパートナーとして、よく取り上げられており、「これからの女性の生き方のロールモデル」として注目していました。

悦子さんは、才色兼備という言葉が陳腐に思えるほど、知的であり、モデルさん以上の美貌で、性格がよくて、愛情に溢れていて…と、数え上げればきりがないほどの魅力の持ち主です。


私が佐藤悦子さんを尊敬している点は、

◆クリエイティブスタジオ「サムライ」のブランディングを世界的に手がけられていること

◆妻として、母としての役割の他に、マネージャーとして才能を活かしきっていること

◆女性らしい感性を大切にされていること

です。

つまり、「愛情」と「才能」に溢れていて、女性としての魅力に富んでいる姿に惹かれています。

☆佐藤可士和さん、悦子さんの著書に見る「クリエイターの考え方」と「ブランディング」について

アートディレクター佐藤可士和さんといえば、ユニクロ、国立新美術館、SMAPの広告、ドコモの携帯など、シンプルなのにメッセージが刺さるデザインで有名です。
また、書店のビジネス書のコーナーで、佐藤可士和さんの本を見かけられた方も多いと思います。

佐藤可士和の超整理術
佐藤可士和の超整理術
posted with amazlet at 10.09.26
佐藤 可士和
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 2322
おすすめ度の平均: 3.5
4 ある意味、お掃除本、片付け本
5 テクニックではない仕事の本質
5 整理術の先にあるもの
5 デザインとはそぎ落とし分りやすく伝えるもの
1 肩書きほど大したことない

佐藤可士和のクリエイティブシンキング
佐藤 可士和
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1820
おすすめ度の平均: 4.5
4 多量のカタカナ語がやっかいだけど伝わる本です。
4 佐藤可士和が好きな人に。
4 クリエイターの装丁は、本の基本の白である、さすが
5 著者の方法論を惜しげもなく公開している本です
5 既成概念から自分を解放することが出発点。その手順がこの本にある。

可士和さんの御著書は、クリエイティブ職だけでなく、あらゆる仕事に共通する考え方が貫かれています。

『佐藤可士和の超整理術』は私も読みましたが、可士和さんがデザイナーとして「どのような価値を伝えたいか」を徹底的に洗練させる方法や、クリエイティブなことに集中するためのシンプルな整理法が具体的に書かれていて、一流の仕事をする人の思考法にまでたどり着くことができる、良質なビジネス書だと思いました。

悦子さんの御著書には、「職人気質」の可士和さんを柔軟に社会と結びつける役割をされている様子が具体的に書かれています。可士和さんが、様々なマスコミで取り上げられるのも、悦子さんが手がけられる「ブランディング」あってのことだということがわかります

SAMURAI 佐藤可士和のつくり方
佐藤 悦子
誠文堂新光社
売り上げランキング: 31922
おすすめ度の平均: 4.5
5 しなやかな強さ
5 お薦め!
4 面白かった!
4 天才デザイナーをプロデュースされた方のお話。
3 「佐藤可士和」を象徴するような本

「オトコらしくない」からうまくいく
佐藤 悦子 清野 由美
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3066

『オトコらしくないからうまくいく』を読んで、女性ならではの細やかな気配りや感性溢れるサポートが新しい時代を切り開くことにもつながっていると感じましたこれからは、男性と肩をならべてバリバリ働くとか、自営業の夫を経理やスケジュールの管理など、世話焼きお母さんよろしく内輪的に支えるといったスタイルは、憧れの対象にはなりにくくなっていくように思います。

クリエイターに限らず、仕事が出来る人は「いいものをつくれば、誰かが分かってくれる」と思いがちですが、しかし、積極的に自分の価値観や作品を知ってもらわなければ、社会をよくすることはできません。悦子さんが手がけられる「ブランディング」という仕事は、PRとか広報といった従来の情報発信とはまた違う、新しいもののように思いました。 その秘訣は、『佐藤可士和のつくり方』に詳しいです。

☆悦子さんの講演を聴いて印象に残った言葉7つ
第一線で活躍されている方の言葉には重みがあります。インテビュアーのAERA副編集長浜田さんの魅力の引き出し方も絶妙かつ知性的で、悦子さんから素敵な言葉が次々と飛び出しました。

◆ディテールの積み重ねが仕事の本質
◆ビジネスの場で感情を出してしまうと、仕事が出来る人だと思われない

◆交渉の場で、お金の話や権利の話は普通に言う(日本人はこうした重要な事項を口に出すことに慣れていない)。

◆可士和さん曰く、「親兄弟でもわかりあえることがほとんどないので、他人とのコミュニケーションは言葉を尽くすことが大事」

◆ビジネスとは利害関係の調整がすべて。必ずconflictがある。それをどうのりこえるかがビジネス力につながる

◆本当にやりたければ待っていてはダメ。自分から動かなければダメ。

◆ゴルフ部では、上手く行ったり失敗したら、その次の段階を一瞬でイメージする訓練ができた。

特に、一番最初にある、「小さなこと(ディテール)の積み重ね」という言葉が心に刺さりました。
そういった積み重ねから生まれる信用・信頼こそがブランディングの肝なのだと感じます。
☆「まだ見たことがないものを見たい、行ったことがないところに行きたい」が原動力

最後に、佐藤悦子さんが仕事をされる上でのモチベーションとなっている言葉がとても素敵だったので、記しておきます。
「まだ見たことがないものを見たい、行ったことがないところに行きたい」
それは場所であり、世界であり、ステージであり…。新しい世界を求めている人の姿はとても輝いている、と実感した一日でした。

「サムライ」ブランドの価値をますます高めている佐藤悦子さんには今後も目が離せません。

ご関心のある方は、佐藤悦子さんのブログ↓もチェックしてみてくださいね!
http://www.1oven.com/etsuko_sato/

2010年9月26日日曜日

巨大な光のタワー名古屋に出現!

☆何だ?この光は?

金曜日の夜にジョギングをしていたら、空に光線が走っていていて、度肝を抜かれました。

急に寒くなったから、めずらしい気象現象なのか、月の光が漏れているのか、それにしてもかぐや姫が連れ去られる感じの光だな…。


と思いつつ、ネットで調べてみると(笑)、あいちトリエンナーレで出品されるアートとして、名古屋城内で行われているイベントのようでした。

巨大な光の光線が空に向かっている姿を見ると、その麓を見に行きたくなるのが人情というもの(笑)。翌日土曜の夜、早速行って来ました。このイベント自体を知らなくても、遠くから偶然光を発見して「なんだ?なんだ?」と押しかけている人も多かったようです。

月が光の中に入る角度で見ると、SF度アップ!自然と科学が謎めくように融合していました。

光の周りには人だけでなく、虫もたくさん集まってきて、光り輝くチリのように舞っています。

光のなかに入って空を見上げて撮った写真です。空の果てとか宇宙を感じずにはいられませんでした。

あいちトリエンナーレの公式HPの解説によれば、
池田亮司《spectra[nagoya]》
光と音のサイトスペシフィックインスタレーション≪spectra [nagoya]≫

成層圏まで到達する64 台のサーチライトによる強烈な白色光と、10 台のスピーカーから出力される音の波とを組み合わせたインスタレーション。都会の中心に突如出現するこの巨大な光のタワーは、雲の動きや雨によって常に変化し続け、その姿を街のどこからでも見ることができます。

とあります。
近くに行ってみたら、音の演出に驚きました。SFの世界にそのまま入り込んだようで、宇宙まで登って行きそうな雰囲気。花火よりも圧倒され、幻想的、神秘的で久々に興奮しました。

この「spectra」シリーズは、2008 年にアムステルダムとパリで、今年6 月にスペインのバルセロナで行われ、日本では、あいちトリエンナーレ2010 で初公開だったそうです。

お城と月と、空まで登る青い光線がどこまでもファンタジックで、子ども心に帰った一日でした。
◆あいちトリエンナーレ公式HPの解説↓
http://aichitriennale.jp/events/spectranagoya-2.html

2010年9月25日土曜日

ゴージャスよりも素朴な花束

皆さんは、派手好みですか?それとも地味好みですか?

私は渋好みです。地味だけど奥行きがある、そういうものに惹かれます。

年齢共にというより、小学生の頃から地味な色が好きでした(笑)。

図工の時間に水彩画を書くときも、
みなは綺麗な色を塗ろうとしているのに、

私は色々な色を混ぜて、灰色とか茶色などの「落ち着く色」になるまで

微妙に調節していた気がします。

静かなのだけど、主張がある"存在が好きなのかもしれません。


今日作ったアレンジは、決して派手さはないのですが、飾り気の無い素朴な植物が調和するようにしました。一番上のぐるっと巻いた感じの実は、なんと、西洋のオクラです。
下は、全体像の写真です。大きな葉っぱの緑が目に優しく、しかも緑は長持ちするので、しばらくの間飾っておけるのが嬉しいです。

2010年9月24日金曜日

『バイラルループ』で読み解く爆発的流行の正体

☆本当にいいものだけが伝染する「バイラル・ループ」

ある商品や人物が注目を浴びて、人気が出ると、よく、「ネットで火がついた」なんていう言われ方をしますが、基本的には、人と人の信頼関係の中で起こっていることだと思います。

今回、レビュープラス様より、ITジャーナリストの佐々木俊尚さんが解説を書かれている本『バイラルループ』を献本頂きました。

(私が本書の中で最もオススメの項目は、第5章の「決めるのは消費者だ」です。
世の中に出回る映画、ニュース、新聞が今後どのように変化していくか、予測するだけでもわくわくしました。 )



バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
アダム・ペネンバーグ
講談社
売り上げランキング: 8641
おすすめ度の平均: 3.5
4 加速度のついている世界の分析としてはまあまあ
4 翻訳本とは思えないほど日本語が自然で読みやすい。
4 口コミで伝染病のように広がる成長
4 古くて新しい手法を、IT起業がいかに活用しているか
3 知識欲は満たしてくれるけど・・・

公式サイトはこちら→http://viralloop.jp/


“バイラルループ"とは、本書によれば、

「バイラル」つまり「ウイルスのように」人から人へ伝わって利用者の輪が拡大する

ことです。

本書には、SNSやTwitterなどのソーシャルメディアがあるからこそ起こったブームや、その広がり方について、具体例がこれでもかというほど紹介されており、自分の実感と比較して全体像を見られて非常に興味深いです。


また、自社商品やサービスをソーシャルメディアで表現したいと考えているビジネスパーソンは、戦略を立てる上で、本書に詳細に描かれるアメリカの事例をたくさん知っておくことが必要だと思います。

さて、皆さんは、「バイラルループ」の肝はなんだと思われますか?

私は、リスペクトだと思います。

☆類は友を呼ぶ

私がソーシャルメディアでその発言を注目しているのは、「マインドの高い人」「誠実な人」「面白い人」です。しかも、実際にお会いしたことがある人のほうが親近感がわき、リスペクトの感情も強くなります。「ただ単に有名」とか、「目立っている」というだけでは、私の心は捉えません。その人の魅力を具体的に知っていればいるほど、発言に説得力を感じて、影響を受けることになります。

私がリスペクトしている人が、ブログやTwitterで「よかった」「面白かった」と言っているものは、即座に、ポチっと購入、ということがよくあります(笑)。ソーシャルメディアを覗いていると、年齢性別問わず、世の中には本当に魅力的な人がいるものだなあ、と感心します。

職場や学校の同級生では、出会える人の数が限られてしまいますから、Twitterやブログなどで、優れた感性や知性に出会うと、半ば興奮してしまいます。そしてその周辺の人々も「類は友を呼ぶ」で、魅力的な人である確率が高いため、注目するようになります。

つまり、そのような興奮の連続が、バイラルループを伝導させる役割を担っているとも言えると思います。

また、その口コミの本体となるサービスや商品自体にリスペクトされる要素が多いほど、ループの輪が大きくなるのではないでしょうか。

本書にあるオバマ大統領の選挙キャンペーンの事例や、「アム・アイ・ホット・オア・ノット」といういろいろな人の容姿を判定して投票できるサイトにしても、本体に「品格」が保たれているからこそ多くの人の指示を集めたのでしょう。

民主党の小沢さんがバイラルループ効果で人気が爆発するとか、スパムや偽物の投稿の多いサイトの登録者が一気に増えるなどということは、ちょっと考えにくいように思います。

人は意外と冷静なので、ソーシャルメディア内で流行っていても、自分の価値観との照らし合わせをしています。「ある商品を買ったけどあまりよくなかった」という空気感もソーシャルメディアではバイラルに伝わると思います。

結局のところ、リエスペクトされている人がおすすめしているリスペクトできる商品だけに人気が集まり、人気が続く、という結果になるのではないでしょうか。

そういえば、NHKで放映されていた、「ハーバード白熱授業」のサンデル先生の講義のことも、Twitterや動画で知りました。その後、NHKの番組を見て、ついには『これからの正義の話をしよう』という政治哲学の本を買って読むことにしました。

これが発端となって、「政治とは、誰にとっての幸福をどのように実現させるのが正しいか」というテーマで物事を考えるきっかけになり、今までの私では考えられないほど重厚かつ本質的な考察をするようになりました。


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel
早川書房
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 4.5
1 低偏差値の私には難し過ぎた
5 これからの正義
1 価値観に違和感を感じる
5 『正義』を主観的に考えよう
5 読んでよかった

サンデル先生の著書は、韓国の書店でもベストセラーになっているのを見てきました。この例も、youtubeなどのソーシャルメディアにより、リスペクトが世界各国に伝染したケースだと実感しています。
☆ビジネスの視点から~バイラルループの始発駅~

本書には、バイラル・ループによる拡大に成功した企業を分析し、12の共通した特徴を挙げています。


・ウェブスペース(物理的制約が少ない)

・無料

・統合化のためのツールを提供(コンテンツをつくるのは利用者側)

・コンセプトが単純(直感的に使いやすい)

・バイラル・ループの種を内包(利用者が自発的にほかの人に勧めるような種が内包されてい
る)

・成長が加速度的(利用者が利用者を呼ぶので、雪だるま式)

・バイラル係数が高い

・成長率が予測可能(成長率が一定の法則に従うので、先の予測が立てやすい)

・ネットワーク効果(利用者が増えるほど、商品・サービスの価値が上がる)

・相乗効果(他のバイラル・ネットワークと重なってお互いの成長を促進)

・他の追随を許さない(ライバルがどうあがいてももはや手が届かない存在)

・究極の飽和状態(成長がゆるやかになってもすでに十分な利用者がおり、そのうちの20%が活発に利用している)

これらはあくまで、結果論でもあると思いますが、これらの要素を1つ1つ「なぜ」「どのようにして」と掘り下げて考えたり、「普遍的な人間の心理」に当てはめてみると、「世界で最も先進的なダイレクトマーケティング」の本質をつかむことが出来ると思います。

まずは、インフルエンサーとかハブと言われる人達が「心から面白いと思うもの」を作ることが基本だと思いますが、そのハブとなる人達に「自社商品を知ってもらう努力」をしなければいけません。

ハブとなる人はどのように見つけたらいいのでしょうか。ソーシャルメディア上では、「影響力」もある程度見える化されているように思います。

ハブとなる人は単に人気があるというだけでなく、「リスペクトされている人」という風にとらえて、その人達と積極的にリアルなコミュニケーションをとり、意見交換をすることも商品開発のブレイクスルーのきっかけになると考えます。

そんなことは当たり前だ、と思われるかもしれませんが、「ソーシャルメディア上のインフルエンサーの声を積極的に取りに行く」という姿勢の企業がそれほど多くはないように思われます。本書を読まれたら、“自社のサービスをリスペクトしてくれるであろう、周りからリスペクトされている人"を探してみるのもよいのではないでしょうか。



2010年9月20日月曜日

「GTD勉強会@名古屋 nomicoさん×名古屋ライフハック研究会」参加記録

☆ストレスを減らしてクリエイティブに行こう!!

みなさん、GTDって何だか御存知ですか?

一言で言えば、ストレスを軽減する仕事術です。

私がGTDに最も魅力を感じる点は、“ストレスを減らした結果、エネルギーとアイデアが管理できること”です。

GTDの提唱者デビット・アレン氏は、


“GTDをマスターしている状態とは、
(1) 頭の中に雑念がなく、今やるべきことだけに集中している状態か、
(2) 雑念があったとしてもそれを取り除く方法を知っている状態です。”

と定義しています。

ちなみに、デビッド・アレン氏の著書は、『ストレスフリーの仕事術』というタイトルで翻訳されています。

Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity
David Allen
Penguin (Non-Classics)
売り上げランキング: 355
おすすめ度の平均: 5.0
5 GTDはすごいぞ
5 Getting Things Done, 個人的感想
5 Excellent Practical Guide to Execution

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 638
おすすめ度の平均: 4.5
5 内容・構成ともに至ってシステマティックな名著
4 GTDを始める人
3 良くも悪くも教科書的
3 整理術というより仕事術かな
5 最初の一冊
GTDの概要がわかるサイトもいくつかありますので、詳しく知りたい方は参考にしてみてください(記事の最後でご紹介しますね!)。

☆目的は、「雑念を取り除くこと」と「集中すること」こと

GTDがうまく回りだすと、頭の中はすっきりし、自分がしたいことにエネルギーを注げます。

難しく考える必要はありません。
基本的には5つのステップを意識するだけです。

5つのステップとは(Wikipediaより)

1. 収集:頭の中にある「気になっていること(問題)」を紙などに書き出す。作業中のメモ書きなども参照して、問題点を出して行く。

2. 処理:書き出した内容を、手順に添って、リスト化する。

3. 整理:リストを自身がスケジュール管理に使っているツール(PDAやシステム手帳など)に入れ込む。

4. レビュー(見直し):自分の状況や状態でそれらが可能かどうか見直し、検討する。

5. 実行:リストアップした「出来ること」を順次片付ける。

というもの。

しかし、ここのどこかで躓く人が多いため、勉強会などで意見交換することが有意義なのです。

☆救世主nomicoさん現る!!


    (“うちわ"はあくまで私物であり、会とは一切関係ありません(笑))

私個人としては、ステップ4の「レビュー」を毎日しなくてはならず、もっと容易にしたいという課題を抱えていました。

そんな折、9月19日に、名古屋ライフハック研究会とGTDの女神nomico(@nomicox)さんがコラボレーションし、GTDの勉強会が開催されたため、参加してきました(参加者15名うち女性5名)!

参考までに、私が今までに行って来たGTDの方法は、下記写真のとおり完全アナログです。


収集・・・inboxといわれるものですが、自分なりに種類分けして収集しています(上司別、内勤、外まわりなど)。実行したらペンで消します。
処理・・・手続ごとにマインドマップが作ってあるので、これに従って進めていきます。
整理・・・期限がはっきりしているものをカレンダーに転記します。
レビュー・・・①のうち、消されてないものを、毎日新しい用紙に転記しています。
実行・・・直感で手当たりしだいに実行。細かい仕事が多いので、優先順位など考えるより手をつけた方が早い
と思っています。それでもなんとかなっています(笑)。


nomicoさんの講義→各自の問題点の解決、という流れで行われたこの勉強会では、nomicoさんからほっとするようなアドバイスが得られました。

その一部をざっくりとご紹介します。

参加者の方々のつまづきで多かったのは

ステップ1の収集(集めすぎてしまう)(集め忘れてしまう)
ステップ4のレビュー(タスクが多いので毎日やらないといけない状況)

解決方法としては、

ステップ1(範囲を決めて収集する)(メモ帳をポケットに入れて常に持ち歩く。女子なら美容師さん風の腰バッグに入れるといいかも)

ステップ4(レビューは毎日でもいい)

また、nomicoさんオリジナルの一元管理シートのご紹介がありました。
↓こちらから、ダウンロードできるそうです!

http://works4life.jp/wp-content/uploads/gtdprojectlistwithgws.xls


nomicoさんは、ずっとお話を聞いていたくなるような、プレイフルな生き方そのものを体現されている方でした。

かわいいイラスト付きの旅日記や、nomicoさんが描かれるオリジナルキャラクター「まほこちゃん」 にもとっても癒されましたよ。

また、仕事の分野が全く違うにも関わらず、つたない私の説明を瞬時に理解して下さり、勉強会が終わったあとの雑談中にも解決策をアドバイスして下さいました。その的の射方が本当にすごかった!!あまりの不思議な体験に、 しばらく、ぽーっとしてしまいました。

東京からはるばるおこしいただいたnomicoさんをはじめ、このような貴重な機会を設けてくださったスタッフの方々に御礼申し上げます

☆いただいた素敵なプレゼントのご紹介


さて、この勉強会には、なななんと!ブログ『名言コツコツ』でおなじみの著名ブロガー、コボリジュンコ(@kobutako2ko2)さんが東京から参加され、お会いできて本当に感激!!

しかもデコチョコまでいただいてしまいました(写真上)。東京ライフハック研究会スタッフもされているコボリさん、さらにライフハック界を盛り上げて行こうという気概あふれる、熱い心を持った方でした!

そして、今回、名古屋ライフハック研究会スタッフのセブンさん(@seven777)からいただいた金沢の銘菓に目が釘付け!!高級なお菓子をご用意いただいてしまい、本当に恐縮です。

皆さんで上品なお菓子を頂いたおかげで華やかな気分になり、すごく嬉しかったです。ありがとうございました!

この手作り最中、餡の甘さが絶妙でした。

こちらもセブンさんのお土産。はんなりとした色合いの2色の和三盆糖がやさしく口の中で溶けました。@komatsunaさんが召し上がっている姿はまるで平安貴族のよう(ちなみに、この日の@komatsunaさんのお召物はトンボがぐるぐるしているTシャツでした。@kosstyleさんは季節柄、長ズボンスタイルに戻されていましたw)。

☆おまけその1:参加者の方々の持ち物がスゴイ!!

これ、何だと思いますか?指サックだそうです!サイズも色々あるそうですが、蒸れない構造で、しかも可愛い!@sazanami_jpさんからご紹介いただきました。銀行の窓口等、

人前で紙を数えることがあるOLさんには、お洒落度満点のグッズです!


そして、モレスキン型iPadケースを持参された方も!このケース、中身は竹で出来ており、入手にかなり時間がかかるそうです(海外へ発注する必要あり)。実際手に取らせていただきましたが、職人魂を感じる本格的なケースでした!

☆本文関連情報

◆nomicoさんの御著書とブログのご紹介

IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書)
奥 乃美 渋川 よしき
技術評論社
売り上げランキング: 69954
おすすめ度の平均: 4.5
4 勉強も楽しく!
5 楽しくて、肩の力が抜けて、続けられる勉強法
5 IT業界の新人さんだけでなく
4 エンジニアの生の声が聞ける本です

●nomicoさんのブログ『Works for life SeasonⅥ』
http://works4life.jp/


◆勉強会で話題になった本
私、これ必ず読みます。

プレイフル・シンキング
上田 信行
宣伝会議
売り上げランキング: 32265
おすすめ度の平均: 5.0
5 仕事を楽しまなければ、新しいものを生み出すことはできないことの理由
5 Playful men win the day !
5 明日からさっそく実践!

【今日の気づき】“Getting Things Done" enables us to live a playful life.