2009年6月3日水曜日

花器が与える雰囲気


以前トルコに旅行に行った際に、アルミでできた鉢を買ってきました。エキゾチックで素朴な雰囲気と、花を合わせてみました。


味のある作品に仕上がりました。


花器ってとても重要だと思います。気に入ったものを探す楽しみもありますしね。

名古屋のイタリアン「イル・ベッキオ・モリーノ」



















美味しいものをいただくと、脳も心も感動しますが、先日、名古屋市の池下の駅付近にある、


「イル・ベッキオ・モリーノ」さんで、ディナーをいただいてきました。



コースメニューはなく、すべてアラカルトなのですが、2人で5品も注文すれば十分なボリュームです。



前菜1パスタ2メイン2という組み合わせをお願いしました。



すべてに共通して言えるのは、ハーブの香りが最高にまとわれていて、感覚のすみずみまでいきわたる感じでした。脳が騒ぐ感じ、というのでしょうか。一品一品が、生きていました。



・前菜にカラスミのパスタ・・・さわやかさが素晴らしい


・あさりのスパゲティ・・・身が厚いあさりを初めて見ました。


・いわしのスパゲティ・・・ハーブの香りにつつまれたイワシが別物のようでした


・もち豚のロースト・・・もちとつくだけあって、ふわふわの豚です


・和牛のロースト・・・さすがの和牛。世界一のお肉に、濃厚なソースがよく合っていました。


ビールを二人分注文し、サービス料込で一人8000円程。素晴らしいお料理で、大変満足しました。

高級イタリアンの真髄を味わわせていただきました。