2009年1月31日土曜日

人に話を聞いてもらう戦略

今日は、読売テレビ解説委員の辛坊治郎氏の講演会に行ってきた。
特に印象的だった内容は以下の①②のとおり。

①未来を決めるのは自分の判断力。そのための判断材料をどう選ぶかが大事。
②人は話を聞くとき、自分の都合のいいようにしか解釈しないから、話を聞かせる側にはよほどの戦略が必要。

①について私が思うこと
昔は図書館で調べなければならなかった医学情報や、百科事典の内容なども、ネットで複数の情報が取れるようになった。すべて正しいなんて思っていないが、イメージをつかんだり、当たりをつけられるようになったのはいい。冠婚葬祭のやりとりや、レシピなど、即座に現実に役立つ情報を得て、即日うまく対処できるのはありがたい。ネットだと複数の情報から平均値や、より適切な情報を選べる。正確な情報ばかりでなくても、予備知識を仕入れることは、理解力を鍛える上でも有用だろう。それを元に人に聞いたり、文献にあたったり、現場を見る。いい時代に生まれたと思う。

②について
特に、職場内で何かを提案する時、相手の機嫌の好さ、時間帯、疲れていないか、タイミングを見極める必要があると実感している。また、言い方、論理の組み立て方、納得のさせ方、言葉の選び方など、無数に戦略はあるだろう。

なかなか聞き入れてもらえなかったりして、怒り気味に言ったりなどしたら、「文句を言う人」とか「うるさい人」と思われて終わりだ。一方的に話すのもよくない。

説得の場合は「あなたにとってお得ですよ」と説く必要があるのだが、話し始めるとどうも自分の要望ばかりで頭が一杯になってしまいがちだ。
説得の方法を研究してみたい。

実行プラン①人に話を聞いてもらう戦略を立てよう

2009年1月24日土曜日

春を待つ


昨日は3月下旬並みの暖かさだったのに、
今日は朝から一気に冷え込みました。
外に出るのはまだ辛いです。

今日習ったフラワーアレンジは、いい香りの
パープルカラーのスイートピーを配した
アマリリスがポイントの春らしいアレンジ。
家の中に自然の綺麗な色があると、やる気が出るのと、
自分自身を綺麗にしようという
エネルギーにつながるのがいいですね。


2009年1月17日土曜日

出社が楽しい経済学~サンクコストの呪縛~


NHKの教育テレビで1月10日より、「出社が楽しい経済学」が始まった。

本屋では行動経済学の本をよく目にして、興味はあったものの、なにしろ文学部出身の私には理解できる素地がない。

社会人のたしなみだと思って読んでいる日経新聞も上すべりして読んでいることが悩みだったので、気楽に経済用語を学べる番組はありがたい。

今日はNHK総合TVで第1回の再放送をやっていた。

今日のキーワードはサンクコスト」。


未来の見えない彼女に貢ぎ続ける会社員

焼肉屋の会員になったので、元を取ろうと通い続けて胃を痛める会社員
彼らは「サンク(埋没)コスト」の呪縛にかかっているというストーリー。

適当なところで切り上げないと、その先にもっと不必要な費用と時間を生んでしまうのです。

しかし、「サンクコストの呪縛から逃れる」ことばかりに重点がいってしまうと、
単にあきらめの早い人間になってしまう気もする。


私の場合、ここまで勉強してきたのだから、何かに使うまですぱっとやめるわけにいかないのが「英語」。

高校時代の塾、大学の英米文学科で学んだ学費、英会話教室、プチ語学留学費用、翻訳学校費用、

回収できるはずがない、ましてや利益を生めるはずもない・・・けど勉強を辞めてゼロになってしまうのが怖いのだ。

これ以上出費を増やさなければいい、と言っても、膨大な時間はかけなければいけない。

その時間をもっと大切なことに使っていれば、もっといい未来が待っているのかもしれないのだが。。。

損切りにはまず、「明確な基準」が必要だ。

どんな未来をつくりたいのか

そのために使う時間と費用の限度はいくらか。

ところで、

赤字になる。

勝算がない。

という確信を持つには、希望的観測がなくなるようなデータとか、経験者のアドバイスが必要だと思う。

あきらめるのって難しい。

これが「過去の過ちを認めたくない」、という大人のメンツなのでしょうか。

2009年1月7日水曜日

グラミン銀行総裁の記事~アウトプット勉強会での紹介記事~

名古屋アウトプット勉強会にて、山本ハウジングの社長さんから、「第8の習慣」の内容に関係した記事の紹介がありました。

1月6日付朝日新聞朝刊の週刊アジア(13面)欄
グラミン銀行 ムハマド・ユヌス総裁に聞く

ユヌスさんは、マイクロクレジットを考案し、グラミン銀行を設立したことで話題となりました。2006年ノーベル平和賞受賞者でもあります。以下、記事から印象的な一文を抜粋します。

「私たちは利己的な部分だけに基づいて、ビジネスの世界を作った。無私の部分も市場に持ち込めば、資本社会は完成する。私はそれを「ソーシャル・ビジネス」と呼ぶ。投資家は特定の社会問題の取り組みに投資する。」

ソーシャル・ビジネス(社会的企業)とは利益を生んでも配当はないそうです。元本のみが投資家に返済されます。投資家は、金銭的利益でなく、社会問題の改善、解決で満足が得られるしくみです。

勝間和代さんが立ち上げられた、ブックチャリティー「Chabo!」も、無私の部分を社会に還元させ、社会全体にとってプラスになるしくみだと思います。

普段、自分の生活に追われていると、身心共に他人に尽くせるほどの余力が残らないときがあります。それでもなお、貧困層の人々に思いをはせ、経済的な移動や問題を解決する組織を作る強さがあるところに人格が表れるのだと思いました。

自分はまだまだ未熟です。

Chabo!の本を買ったり、BIG ISSUEを購入したことはあっても、継続的に社会的問題の解決を考えることが少なかったと思います。「第8の習慣」では人格のコアの部分について言及されていますが、何に幸せを感じるか、という次元を、もっと崇高なものにしていきたいと強く思った記事でした。

実行プラン①エネルギーの総量を増やして、社会問題にもかかわる。
実行プラン②自分を鍛えて、幸せ感のレベルアップする。

名古屋アウトプット勉強会

第8の習慣  「効果」から「偉大」へ
今日は、「読書会」に初参加してきました。

勝間和代さんの講演でアウトプットの重要性に気付かされ、勉強会・読書会にぜひ参加したいと思っていました。

ブログなどから、名古屋で行われている山本ハウジングさん主催の勉強会があることを知り、皆が同じ課題本を読み、アウトプットするというスタイルに興味を覚えました。

今回の課題本は、スティーブン・R・コヴィー氏の「第8の習慣

初参加は、自分の至らなさに気付く良い経験になりました。

以下自己反省点です。

①課題本を読みこんで、自分の言葉でまとめていくことが必要だと感じた。
付加価値のある、聴いてよかったと思えるアウトプットができないと、時間泥棒になってしまうことに気付いた。

具体的な事例や、自分の経験とあわせて気付いたことを述べると、独自性のあるアウトプットになる。具体例がないと、抽象的でわかりにくくなる。浅薄になる。

批判的な読み方(あえて、「本当にそうか、」と疑ってみる)をすると新しい視点が得られる。

アウトプットの態度。早口で、周りの人に何を伝えたいかがまとまらなかった。
突然あたっても答えられるようにしたい。

⑤適宜、質問もしたい。
→つっこみをいれると議論が深まる。

次回参加する際は、以下のようにしたい。

①本の内容をまず正確に理解しようと努める。
②具体例で語る
③適度な速さで、周りを見ながら、話す。

2009年1月5日月曜日

初めての食中毒~たぶんノロウィルス~

タイから帰国して2日、3日、寝込んでいました。というのは、どうやら食中毒にかかってしまったのです。

今日5日は仕事始めですっかりよくなって、普通に食べられるのですが、症状が現れた当日は、水を飲むことさえできないくらいでした。今となっては貴重な経験ですので、記録しておきます。

27日午前10時、セントレアからタイへ出発。
28日夜、旅行会社が設定したビュッフェディナー(某外資系の有名なホテルのビュッフェだったので、安心して食べてしまったのが、「生ガキ」。私は3つ、家人は5つ。どちらの症状が重くなったかはこれにより明らか。)

30日午前10時ころから、私はなんとなく気分が悪くなり、だるくてしょうがなくなって、なるべく横になっていた。
バスでも、ショッピングセンターのベンチでも寝ていた。食べ物は受け付けず、スプライトを飲むが、タイのスプライトは甘すぎた!

一方家人は全く問題なく30日の夜9時ころまで元気そのもの。食欲も旺盛。私は30日の夜8時30分頃、とうとう発症。家人は9時頃発症の後、11時過ぎにのった飛行機の中で同時多発。

31日早朝日本到着後はふらふらで、家に帰ってひたすら寝る。家人は1月1日夜も発症し、治まらず。私は徐々に良くなり、1日にはおかゆやおせちを少しづついただいて、水分をたくさん取っていた。3日には適度に回復。家人は4日も頭痛やだるさになやまされていたが、食事は軽く取ることができた。

ネットのおかげで、体に不調があると、すぐに似たような症状を検索できるので、助かる。わけもわからず苦しんでいるよりも、原因や発生頻度、どういう経過をたどるかなどの予測が立てられる。
「タイ 生カキ 食中毒」というキーワードだと例えば、

ノロウィルス

とか、

タイ人はあたらないものでも旅行客が食べるとあたる

とか

タイでは、毎日数人の日本人が生牡蠣を食べて病院に運ばれる

とか

潜伏期間は2~3日

など、と書いてあるサイトやブログが目に飛び込んできた。真偽の判定はできないがなんとなく、納得が行くフレーズ達。

今回の食中毒おかげで、「外国では絶対生牡蠣は食べない」と決心したし、食中毒の症状も体験できたのでいい勉強になりました。

最近までは、おばあちゃんなどのお年寄りが色々な病気を自分の経験から当てたりして、ホームドクターの役割を担っていたように思います。私に地図状のみみず腫れができたとき、「じんましん」と教えてくれたのはおばあちゃんでしたし、家人も脱腸を発見してもらったのは、おばあちゃんとお風呂に入っていた時だったそうです。

お母さん世代だと、「見たことがない」とあわてますが、昔の人は隣近所やら大家族の誰かの病気を目の当たりにしてきた経験から、「ああ、あれだ。」とわかるのですね。

予測可能な病気を早期発見できるような予備知識も必要。
私のおばあちゃんは70歳位の人がよくかかるヘルペスの症状を自分で発見して、すぐに医者に行きました。おかげで大事に至らずあっという間に治癒しました。小指の爪くらいの大きさの赤い発疹が脇腹にあっただけなのですが、予備知識があるというのは、生きていく上ですごく大きな武器です。

実行プラン①症状を発見したらすぐに医者に行こう
実行プラン②病気情報は口コミや書物で集めておこう。人助けにも役立つはず。

2009年1月2日金曜日

岡島悦子著「抜擢される人の人脈力」を読む

抜擢される人の人脈力  早回しで成長する人のセオリー

岡島悦子著「抜擢される人の人脈力」を読もうと思ったのは、書評ブロガーとしておなじみの鹿田さんのブログがきっかけでした。

今日のテーマ:「自分を成長させる環境を自分で作る」

10年以上同じ職場で働いているのですが、スキルアップの方向性やシステム作りを常に模索しながら来ています。それは、循環がよく、活性化している組織作りに積極的にかかわりながら、自分も成長したいからです。時々壁にぶつかる理由は、人に対して協力を呼びかけずに自分だけでやろうとしていたり、自分のスキルアップのビジョンが周りに伝わっていなかったからだということに気付きました。

得られた学び

著者の岡島悦子さんは三菱商事やコンサルタント会社のマッキンゼー社に勤務され、ハーバード大学でMBAを取得されています。現在はヘッドハンティングの会社を経営されています。自分の能力を磨きぬき、能力の高い仲間と切磋琢磨し合いながら「あの仕事なら○○さん」という信用を浸透させる努力をしてきた方からだからこそ「信頼関係と成長への環境づくり」と「スキルアップの方向性」の指南に説得力がありました。

・人脈スパイラルモデル5つのステップ

① 自分にタグをつける
→自分が社会にとってどう有用か、真剣に掘り下げたことがありませんでした。言語化する、一言で表すとすると「語学・会計スキルのあるパラリーガル」ですが、大都市圏でないと語学が必要な法律事務所はまずないので、もっと相手にとってメリットのあるタグでないといけないですね。「弁護士補助(破産、任意整理、各種申立手続)、会計・リサーチ」が強みです。そして、自分の10年後を踏まえたスキルアップの方向性を見出しておく必要があります。一度、採用する側に立った職務履歴書やビジョンをA4の用紙にまとめたいと思います。

② コンテンツを作る
→実績を積むことだと思いますが、自分一人でなく、仲間とプロジェクトを成功させるほうが、人との協力、人とのつながり、仕事の大きさなど、評価も自信も大きく広くなると思います。

③ 仲間を広げる
→御著書の中で岡島さんは、グループに「左脳型、右脳型人間を混在させる」とよいとおっしゃっています。多角的な視点が増えるのはそのとおりだと思います。意識して理系の方や芸術家の方などとの意見交換もしてみようと思います。まずは新年、1月4日に高校の仲間が集まるのですが、理系vs文系が4対3ですので、いつもの生活では得られない視点での会話が楽しみです。

「読書会を開く、主催する」・・・同じ問題意識や関心をもった仲間との情報交換や、ファシリテーション能力のアップ、自己に足りないものの確認の場として、道場のような役割をすると思います。1月には2つの読書会の開催があるので、先約がない限り出席したいと思います。1つは、スティーブン・コビーの「第8の習慣」を読むというものなので、早速課題本を購入しました。

④ 自分情報を流通させる
→自分がどう相手に役に立つかは、相手にもよるので、いくつかのパターンを考えておかなければならないと思います。私は英語の読解力は磨いていますが、通訳ができるレベルではないので、「英語ができます」とは言えません。もっと具体的な実績として語れなければ情報にならないと思います。「TOEIC930点でも英語が話せません」という言い訳がましいプロフィールをもっと強気なものに変えるにはスキルアップと英語を使った仕事の実績を示す方法があると思います。

⑤ チャンスを積極的に取りに行く
→やはり、アンテナだと思います。自分が何をやりたいのか分かっていないと、チャンスが何かはわからないので、①から順番に実行しないと⑤番にたどりつけないことがよくわかりました。

・ビジネスに必要な心肺機能

① 「脳に汗をかく」くらい頭を使う
② ビジネス上の修羅場を体験する
③ 自分の名前で仕事をする

→私は①②に耐えうる体力とエネルギーの補給法も同時に知りたいです。頭を使いすぎてチョコレートを食べたくなったり、「息切れ」状態はだれしも経験すると思うのですが、乗り切り方とエネルギー源は課題です。③は、昔の大工さんが屋根裏に道具を残したり名前を残したりしたように、「いいものつくったぞ」としっかり名前を残せるほどの仕事をすることでもあるし、責任を負うのは自分だと覚悟を徹底して持つことでもあると思います。

実行プラン
①自分のタグを明確化させる
② 自分専用のオリジナル判子を作って丁寧に押す。仕事の責任・実績を明確にしておく (自分の名前で仕事をしていることを肝に銘じる)
③ 読書会で幹事をする 。
④ 自分の強みを磨きこんで、貢献する(Commit or dieという言葉が印象的でした。)
④ やりたいことを表明し、やりたいことをやるために今どういう努力をしているか話す。


効率が10倍アップする新・知的生産術ー自分をグーグル化する方法ーを再読する

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
今日のテーマ:「毎日の作業の効率アップをする。スキルアップの時間を増やす」
日々、膨大な仕事、家事、勉強の効率的なマネージメントがしたいと考えています。スキルアップの時間を50パーセント以上にし、消費的作業は極力少なくするために勝間和代氏著「効率が10倍アップする新・知的生産術」から学びを得たいと思います。

得られた学び

・情報処理の方法として、フレームワークを身につける。
「型(パターン)」を身につけてしまえば、マニュアル的に処理できる部分が増え、頭や体力の無駄遣いが減ることは間違いないと思います。そのためには正しい型を知る必要があると思います。自分の仕事に最低限必要なフレームワークは、「アサーティブな提案、断り」「英文エッセイをまとめる」「読書内容のプレゼン」「会計の勉強」の際に即座にアウトプットできるような情報処理法です。うまい型を真似して、その後自分にしっくりくるようにアレンジしてみようと思います。

・いかに明日のほうが今日より少ない労力でできるようになるか考え続ける。
良い代替手段がないか常に探し続けることが必要だと思います。人に相談したり、本からアイデアを得ながら試行錯誤していく必要があります。最も親身になってくれる家族、先達なら親や祖父母は知恵の宝庫であることは意外と忘れがちです。家事などは、掃除の仕方の本を買ったり、勉強の方法なら、勝間さんも薦めている「耳から学ぶ」、「ICレコーダーを使う」といった新しいアプローチにもチャレンジしたいと思います。

実行プラン
勝間氏の御著書には具体的な行動をすぐに起こせるような提言が沢山盛り込まれているので、実行プランが非常に立て安いです。

・5つのテーマを設定してみる
① 英語の語彙力アップ
② 冷え症をなくす。コレステロール値を下げる。
③ 仕事の効率・環境改善
④ インテリア(室内環境)のセンスアップ
⑤ 付加価値を生む
・失敗したら学びを文章にする
→失敗から学ぶことは大変多いです。しかし、何故ミスをしたのか、結果が思うようにいかなかったかを分析して、どうしたらうまくいったのかを検討してみることは少ないです。
失敗は必ず文章化しておこうと思います。
・ベストプラクティスを知っている先達に話を積極的に聞く
→親、祖父母、友人、後輩、年下であっても学ぶところは沢山あると思います。効率化がうまくいかない時や、アイデアが思い浮かばない時は、積極的に聞いてみたいと思います。
・不得意なことを1つ、2つでもやめる
→スタッフの人数が少ないので、単純作業や大量のコピーから解放されることはありません。平等に割り振ったり、急ぎでないものはまとめてやったりする以上のことを模索する必要があります。基本的には自分がスキルアップして専門職、総合職として転職しない限りはやらなければならないことなので、自分の今後の方向性を考えつつ、同業他社や同じ職種の方々との交流の中でよい方法を見出したいと思います。

2009年1月1日木曜日

タイで見た植物力

2008年末はタイ王国に行ってきました。12月初旬に国際空港が占拠されるなど、情勢が不安定でしたが、年末には街中は落ち着いていました。


タイの魅力は遺跡、食べ物、王国ならではの格調高い雰囲気です。


旅行で出会った数々の美しいもののうち、印象的だったものを少しづつ。



ヤシの花から作った砂糖。漂白していない手作りの砂糖の美味しさに驚く。


戦いで切り落とされた 仏像の頭が神秘的な形で木の根っこに囲われていました。 アユタヤの遺跡の一つワット・プラ・マハタートにあるガジュマルの木の根元に突如として現れるので、注意して見ないと見のがします。自然の力の恐ろしささえ感じました。



ランの花が豊富に飾られるタイ。民家でもランの植木鉢を吊るしているところが沢山ありました。オレンジのランを一杯詰めたアレンジ。モダンなセンスです。



これが本物の沙羅双樹の花だそうです。日本では夏に咲く白い花を「沙羅双樹」と呼ぶことがあります。

熱帯性気候では植物がいかにも強そうな様子で、人々の生活も支えている印象を受けました。