2008年9月29日月曜日

「勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan」


勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

著者の勝間さんは、もっと生産性やワーク・ライフバランスを意識して、生きることを充実させようというテーマをいろんな角度から表現しておられます。今回のご著書は、自分たちが暮らす国がどのような方向に向かっていけばよいかというスケールになっており、個人の生活にとどまらない俯瞰的な視点が強化できました。

また、この一冊を通して現状の分析、めざすビジョン、解決のための提言へと運ぶ思考のプロセスを学ぶことができます。


まず、タイトルにある「ライフハック」とは、気の利いたやり方で生活を便利 に変えていくという意味だそうです。

私は、「気の利いた」という言葉がキーワードだと思いました。

日本には、気が利かないやり方=「非効率・人の暮らしを軽視するやり方」がまだまだ多いからです。

この本の中で著者の勝間和代さんが、漫画家で最強のワーキングマザー西原理恵子さん、「反貧困」の作家である雨宮処凛さんと対談しています。 子どもを持ったお母さんの本音や若年層の貧困の具体的な現状を見て見ぬふりをすると、社会が閉塞的になり結局自分に返ってきます。まずは社会全体で正しい情報を得て問題意識を束ねることからスター
トです。

気が利いた国、日本 を創るためには

①他者への思いやりを持つ=国内、海外の弱者に目を向け、貢献する。特に教育分野への投資。

②自分を大切にすること=努力をして付加価値を生むことで対価を得る。

その報酬によって人生の選択肢・自由度が増す。

③「衆人の知恵」を活用する=アイデアを共有したり、正しい情報へのアクセスを容易にすること。

ということが自然にできるようになる必要があると思いました。


勝間さんは、ニューヨーク訪問でアメリカ型資本主義の限界を目の当たりにし、アメリカの「生産性」はお手本となるが、「生活面」は必ずしもお手本とならない、と述べています。

人の暮らしが充実するように、気の利いたやり方で今の日本に少しづつ修正を加えていこう、
というメ ッセージが込められているようにも思えました。

実行プラン:教育、付加価値を生むこと、衆人の知恵を生かすことにエネルギーを多く使う。

2008年9月28日日曜日

問題解決に必要なスキル(その1)


名古屋ミッドランドスクエア内のトヨタファイナンシャルプラザにて

トヨタ白川郷自然學校校長 西田 真哉先生のセミナーを受講しました。

「問題解決と合意形成のスキルアップをめざす90分」

受講の目的は、 自分に足りない「問題解決と合意形成に必要なスキル」を発見し、その訓練方法を知るため。 そして日々の生活の中にその訓練を組み入れるためです。

2つのワークショップを体験する中で、必要なスキルに気づく仕掛けになっていました。

西田先生オリジナルの個性的なワークショップは、内容自体が面白く多くの刺激に満ちていました。

ワークショップその1:「断面図を描こう」

誰もが知っているある果物の断面図を描くという課題。
(意外と正確に覚えていないものです。)

ワークショップその2:「誰がいくら損をしたか。」

儲かっている靴屋さんに、開店前にある男が来た。靴を売ってくれという。その靴の値段は7000円であるところ、男は1万円札を出した。おつりがなかったので靴屋は隣の電気屋に両替を頼んだ。男から受け取った1万円を1000円札10枚に変えてもらい、男におつり3000円を渡した。ところが、後からこの10000円はニセ札であると電気屋から告げられた。靴屋は5000円札2枚を電気屋に渡し、ニセ札と交換した。誰がいくら損したか。
(この話を聞いている間、メモはとってはいけない。)

参加者20名が5人ずつのグループにわかれて個々の意見を出し合い、最終合意に導いていくプロセスを体験しました。

個々の意見がみごとに一致しない課題を出すところがミソ。
→さらに、4つのグループの最終合意案も一致しませんでした。

問題解決に必要なスキル(その2)






「問題解決」と「合意形成」のワークショップ を体験して

意見が一致しないとき、問題が生じたとき、まずはとっかかりを見つける必要があります。
そのとっかかりが見つけられれば、徐々に情報が整理され、チームでの話し合いも進みます。

 
 今日の学び①まずは「とっかかり」や「糸口」を見つけることから解決へのプロセスがスタートする。

→実務では、十分なスキルや情報や知識がないと、見当はずれなところからスタートしてしまうことになるので、まずは十分な情報収集から行う。ネット、書籍、人に聞くなど、できるだけ多くの情報を収集しようと思います。

西田先生のまとめ:普段から物事を良く「みる」ことが重要。

「みる」には複数の意味がある。

見る、観る、診る、視る、看る=洞察力を磨く。

これらは、コミュニケーションにも必要なスキルでもある。




異なる意見を最終的にひとつの案に絞り込む時には、全員の納得感が得られた方が気持ちよく 実行に移せると思います。

そのためには、個々の意見を出しつくしてもらうことが重要。

今日の学びその②:話をすることによって、自分の考えの弱点に気づいたり、他者から新しい 視点を得られる。

よりよい合意形成には、当事者全員の参加が望ましいと思われます。

→実務では、関係者全員に自分の意見を出しつくしてもらうこと。
しかし、利害関係が複雑で調整がうまくいかないときどうするかが今の私に足りないスキルです。

西田先生のまとめ:多数決は必ずしもいい解決ではない。


実行プラン:普段から、本質的な情報や人の真意をすばやく感知することを意識したい。

※西田先生はC.W.ニコルさんを思わせるような風格をお持ちでした。

自然の中で五感がオープンになる体験を得ると、気づくことも倍増すると思います。

「夕張への手紙」

今年の7月に東京で行われた国際女性ビジネス会議に出席しました。私が席に着いた円卓のテーブルに、オレンジ色のTシャツをきた、ブロンド髪でかわいらしく、芯の強そうな女性がいらっしゃいました。

彼女がマヌカハチミツ販売会社の経営者であること、御著書が岩手県立大学の教科書になっているという話を本人からお聞きしました。


その後「戦略思考を鍛える」というテーマの分科会において、彼女の積極的な発言がインパクトを与えました。

「何でもやらずにあきらめるのは良くない。私は以前勤めていた会社で、販売したい商品を会社に提案しても受け入れられなかった時、自費で仕入れて実際販売し、売れるということを実証した。仕入れに100万円かけるのが難しいなら、1万、2万から始めればいいじゃないですか。」

抜群の行動力に衝撃を受けました。

彼女の名前は、ナタリア・ロシナさん。

彼女の行動力の秘訣や実際行っていることをもっと知りたくなって、彼女が書き下ろしたを購入しました。 財政破綻した北海道夕張市をよみがえらせるためにはどうしたらよいか、そして彼女が実際にしたことがびっしり描かれています。ナタリアさん独特の気の利いた日本語も 味わいがあって感心します。

読んでいると、自分のすべての細胞が活性化するような感覚にとらわれ、実際多くのインスピレーションを得ることができました。

とにかく「やる」ことが大事。 
まず、自分の生活の活性化を行う手段として、

 
①速読を学ぶ
②タイに行ってみる
③外国から学ぶ (洋書を読む)

を今年中に実行したいと思います。

 彼女は外ではいつもオレンジ色の服を来ているそうです。名刺や商品のラベルもオレンジ色です。色がブランドとして素敵に成り立っていると思いました。

                 

2008年9月27日土曜日

初めて会う花


ありふれた花よりも珍しい花が好きです。 最近は輸入や品種改良のおかげで、色や形など、驚きを与えてくれる植物に出会う機会が増えました。

私が通っている花の教室では、毎回はっとするような植物との出会いがあります。

思いつかなかったような色の組み合わせ、和洋の花の取り合わせで頭も心も活性化していきます。
今日は、レンゲショウマの実との出会いがありました。
新しいものと出会って、じっと眺めているとき、自分も新しくなったような感覚が芽生えます。
くらしを活性化させるには、新しい組み合わせや新しい出会いが欠かせないと思います。

コンセプト

今の自分より、少しだけレベルの高いものにチャレンジしてみる。いつしかそれが普通の自分になる。社会に還元する。その繰り返しが自分と環境を進化させるはず。